『賞与が減ると、離婚が増える』


 いつものように自宅マンションのドアを開けると、なぜか部屋は明かりもなく真っ暗闇だった。江藤まさるさん(仮名)は首を傾げた。ふだんなら、パジャマ姿の幼い娘が「おかえりなさーい!」と出迎えてくれるはずだ。
「おかしいな。コンビニにでも行っているのかな」
 テーブルに並んでいるはずの夕食のおかずはない。炊飯ジャーもからっぽだ。
 何かがおかしい――江藤さんは、ふと思いついて夫婦共用のウォークインクローゼットへと走った。やっぱりだ。思った通り、妻の服があらかた消えている。アクセサリー類もない。ドレッサーの引き出しにあったはずの通帳もなくなっているし、洗面所に並んでいた化粧道具一式もない。子どもの服や、幼稚園のカバンもなくなっている。
「○○子ぉ、○○美ぃ」
 床に転がっていたぬいぐるみを抱き抱え、江藤さんはよろよろと座り込んだ。妻は娘を連れ、出て行ってしまったのだ。

Diamond Onlineより


へぇ~
そうなんだぁ~

もらえたらラッキーと思ってちゃいけないんだぁ~

世の中金なんだぁ♪

[PR]

by sukesan-batabata | 2009-07-03 12:18 | 『etc』